肉球支援隊のサイトにようこそnekopu-4-ik2.gif


下の広告をクリック頂くだけで
各企業から「肉球支援隊」へとワンクリック1〜2円の広告料が支払われます。
その収入は保護している猫たちのエサ代や砂代に使わせて頂いてます。
ご協力頂けると嬉しいです。

≪さくらレンタルサーバー≫

≪プチ・ホームページサービス≫


2011年03月31日

うちのごはん

帰宅してまず小さな家族たちの食事の用意。
愛犬と猫たちのごはんです。

わが愛犬は3年前から病気を患い、以降ずっと手作りご飯です。

2011 03 23 03.JPG

まずは、高たんぱく・低脂肪、そして、ビタミン豊富と肝機能障害のための食事なので
鳥胸肉が主です。

2011 03 23 04.JPG

この鶏肉をゆでます。
ここに家の冷蔵庫で余っているような食材を足します。
豆腐や、卵の白身、かぼちゃ、人参、大根、キャベツ
じゃがいも、まぐろの赤身、鮭、ブロッコリーやアスパラなど。
何もないと困るので、ブロッコリーやじゃがいもは常備してあります。
火が通ったら、夕食分と、朝食分のふたつに分け
与える直前に、肝臓サポートのドライフードを混ぜ
「待て」をしている間に薬を飲ませてから食べさせてます。


さて、しばし話を戻しまして
鶏肉をゆでている間に猫のごはんを用意します。

2011 03 23 05.JPG

猫たちのお気に入り猫缶です。

2011 03 23 06.JPG

夜のうちに次の日の朝の分も作るので1缶を二つに分けます。
空になった猫缶に先ほどの鶏肉のゆで汁を注ぎ

2011 03 23 07.JPG

缶のふちなどについているフードを洗いとります。

2011 03 23 08.JPG

ゼリー状のうまみエキスなんかが付着していて
結構いい感じの猫缶スープが完成。

2011 03 23 09.JPG

この猫缶スープは猫たちに大好評。
さきほど取り分けたふたつに猫缶スープを入れ

2011 03 23 10.JPG

ざっくりと混ぜます。
これを3等分にして、3匹分の夕飯です。
この他にドライフードも与えています。

猫の世話をしてみると結構食欲にバラつきがあるのがわかりました。
猫缶スープご飯で足りない場合はドライフードを食べてねって感じで横に置いておくともっと食べたい子は食べ、必要のない子はドライフードは無視。

ゆくゆくはドライフードだけにするつもりですが
猫にお薬を飲ませるのが下手な私は
ウェットフードの力を借りてきました。
猫風邪や避妊去勢手術後の抗生剤や虫下しの薬も
ご飯に隠して与えてきました。

子猫たちはこれから去勢手術なので
それが終わりひと段落ついた頃にはドライフードだけに変更の予定。


posted by ここゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | 肉球支援のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

「ウメちび」

2011 03 27 14.JPG
≪通称:ウメちび≫
推定 1歳程度 オス
猫エイズ(?)/猫白血病(?)
2011/03/27 保護

里親募集中!!

【性格】
生後2ヵ月程度の頃、猫風邪のせいか目ヤニがひどく、目の縁は真っ赤に炎症。
まぶたが腫れあがり目があいているのかわらない状態で目が見えていなかったようです。
そのせいか臆病で警戒心が強く、小さな物音ひとつで身を隠す子猫でした。
未だにそれは変わらず、いつもビクビクしています。
だけど、クリっとした大きな瞳とまんまるの顔がキュートで
「かわいい」と評判です。




【経緯】
母猫「ウメ」に連れられ我が家の物置の下へ引っ越してきました。
その時、猫風邪で目が炎症…小児用の抗生剤をエサに混ぜて与えました。
すると綺麗に完治!だけど、人嫌いは治らず。
母猫「ウメ」が交通事故で死んでからも「ねーちゃん」と一緒に我が家の周辺をテリトリーにしていました。
ですが怪我の為に「ねーちゃん」を保護。
そのあとに一緒にいた「ママちび」も保護したことで
たった1匹になってしまっていました。

保護を決意するも、なかなか距離が縮まらず
心理戦(餌付け)の末、「ウメ〜」と決まった時間に呼ぶと
ひょこりと玄関に顔を出すようになった「ウメちび」。

土日は保護のチャンス。
玄関に箱を置き、そこに入って眠るのを虎視眈々を狙う私。
そんな殺気に気づくと、それとなく姿を消す「ウメちび」。
明るいうちに繰り返される攻防の末・・・

保護に成功しました ワ━ヽ(*´Д`*)ノ━ィ!!!! 。

2011 03 27 02.JPG

と、喜んでいるのは私だけ。
「ウメちび」はすっかり怯え、裏切り者!って目で私を見ます。

だけど、きっと、必ず「ウメちび」の為になるはず。
早く警戒心を解いて、新しい生活に慣れて欲しいです。
そして、ほんのちょっとでいい人に慣れて、信頼を寄せてくれたら
きっときっと優しい里親さんに巡り合えるはず。

2011 03 27 04.JPG

ちょっと目つきが悪いですが、整った顔をしています。
毛もフサフサで、ちょっとぽっちゃり体型?

2011 03 27 06.JPG

尻尾は短いです。

屋外の猫部屋のベランダにて撮影。
警戒されてしまい、なかなかベランダから部屋の中に入ってくれませんでした。
夜には落ち着いて部屋の中に入っていました。

根気よく付き合ってくれる里親さんを探してあげたいと思います。


posted by ここゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | 保護した猫さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

被災地のペットたち

東日本大震災 仲間を守りつづける犬
※この2匹は後日、保護され、茶色い犬は動物愛護団体に、白い犬は獣医さんの元にいるそうです。
被災動物情報では、どこかの企業社長さんが保護したそうです。
権力や地位とは、そうあってこそだと私は思います。
こういう社長さんがちゃんといるんだと感動
そして犬に心はあるのだと訴えかける貴重な映像…
ですが、あの取材クルーは報道してなんぼなのでしょうか?
結果保護に結びついたけれど、あの場で保護は難しいことだったのでしょうか?

保護した社長さんの企業

保護の真相が記されているらしいブログ

この2頭が助かってよかったです。
飼い主さんの機転で首輪に連絡先があったことで
きっとこの2頭は飼い主さんに再会できる。
どんなに喜んだ姿を見せるか、目に浮かぶほどです。

ほんのちょっと心を傾けるだけで、人は命を救う手を持っているのだと思います。
私はそれが、人が人であるからこそ、だと思うのです。




東日本大震災・関連情報【2】被災ペット保護急げ

福島県南相馬市鹿島区の海岸をさまよう犬

岩手県山田町の状況
ちょっと待て(; ・`д・´)助けなかったか?!
報道って助けちゃいけないのかい!!


東日本大震災 寒さに震える犬 逃れたのに避難所入れず

イヌ12匹捨てられる…埼玉西部で同一種ばかり

人気犬種相次いで保護 里親希望者殺到に別の不安も

岡山でトイプードルなど犬12匹捨てられる 県警が捜査

保護犬への理解と譲渡促進へ 都内でイベント


私たちは決して目をそむけてはいけないのです。
それは現実に起きている災害。

一方では危険を顧みずに被災地で動物たちを助けようと奮闘する人たちがいる。
その一方で、命を捨てる人がいる・・・
ペットブームが生み出した光と影が、くっきりと見える現状です。

4月に義援金の送金を予定しております。
送金先はNPO法人 動物愛護団体「エンジェルズ」さんです。
ショッキングな画像がありますが、ぜひ活動日誌に目を通してください。

被災地の現状がそこにあります。
私は見るたびに涙があふれてきます。
なんて惨い震災なのかと・・・これが同じ日本なのかと
自分はなんて無力なのかと。
posted by ここゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | 肉球支援のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

命のリレー義援金

東日本大震災における被害が月日が経過するにつれ明らかになっていく中
人命優先のために、動物達の安否や救助、保護などは行政は未だ立ち入れずにいるようです。
未憎悪の大災害、たくさんの人々の命をのみこんだ津波
瓦礫の中で今もなお救出を待つ人々がいるかもしれません。
一瞬で命をなくし、土砂や瓦礫に埋もれた方々が
想像を絶する状況で今もそのままにいるのかもしれません。
安否不明の肉親、恋人、友達、同僚、仲間たちが
生き延びていると信じている人々も数知れず・・・

地震や津波の被害も受けず、放射能の恐怖に恐れることなく
変わりない日常を送っている私にできることはきっとあるはず。
そう思いながらも、毎日を消化することに必死で
何ができるのか見つからないままです。

そこで、現在被災地にて動物レスキューを行っている団体を探しました。
そうして見つけたのが、「エンジェルズ」さん。

NPO法人 動物愛護団体「エンジェルズ」の活動日誌

被災地はやはりとんでもない状況です。
テレビでは映されない、動物たちの死体の数。
命を落としている状況は、被災直後なのか、それからだいぶ経過してからなのか。

一瞬にして、すべてを奪った災害。

とる物もとりあえず避難するしかなかった人々。
残してきた小さな家族たちの生存を思うと悔やむしかない日々を過ごしていることでしょう。
訳もわからず飼い主が消え、不安と恐怖の中何日も何日もただ耐えるしかない動物たち。

想像はできていても、写真やニュースで目にすると言葉を失います。
大混乱の中、人命は優先され、救助もスポットを浴びます。
皆が支援は当たり前のことと認識し、それぞれができることをやろうとする。
ひとりでも多くの命を救う為に。

だけど、やはりされど人命なのですね。
人命が優先されるべきことはわかっていても、やるせないです。

ペットブームに乗り、己を癒すため、寂しさを紛らわすため
たくさんの犬や猫がペットショップで売られてきました。
それを当たり前のように買う人々。
私も今の愛犬がそうです。
だけれど、命への責任を愛犬が教えてくれました。
愛犬との出会いは感謝すれど、お金で犬を買おうと考えた当時の自分が恥ずかしい。
犬と暮らしたいと考えた時にまず、保健所に行くべきでした。
されど、ペットブームがなくなるわけではなく
どんどんと繁殖され売られていく、もしくは売れずに処分されていく
そんな日本なのです。
人が作り出した、現状です。
これから目をそらしてはいけない。

人命を優先すべき、それはわかるし大切だけど。
人が増やした命たちをないがしろにしていいとは思いません。
ペットブームを作ったのであれば、人々は最後まで責任をもつべきです。
被災地にいる動物たちにもっと目をむけるべきです。

そう、目をむける余裕のある者が。

人を助ける人はたくさんいます。
だから、ほんの一握りの人は動物を助けてもいいはず。
今現在の動物レスキューの行為については賛否両論あるようですが
私は被災地復興のためにも必要なことの一つだと思います。

大切なペットの安否を思いながら辛い避難生活を送り
家に帰ることができても、待っているのが亡くなった姿だったとしたら
それはやっと通常の生活に戻れても一生消えることのない傷になる。
無事にレスキューされ、奇跡的に大切なペットと再会できた時
人はどれだけ気持ちを救われることでしょうか。
生き延びたことに感謝し、支えてくれる人々へ感謝し、命に感謝できる。
奇跡は人を変えます。
復興への力となるはずです。

もし、私が愛犬たちを残し避難するしかない状況になったら
そのことで、大切な存在を亡くす結果となったら
「がんばろう」なんて思えるのでしょうか?
私は息子が死んだ時、「がんばろう」なんて思えませんでした。
「なぜ自分は生きているのだろうか」と自問自答の毎日の中
生きていく資格など自分にはないとまで思いこんだ。
絶望というものは、はかり知れない。
今回被災した方々の絶望もまた、私以上に深く、重いはず。
だからこそ、そんな絶望の中に見える一筋の希望は眩しく力強いのです。
私は愛犬に希望を見ました。奇跡をみました。

被災してペットとはぐれた方にも希望を、奇跡をみてほしい。
ひとりでも多くの人に、ひとつでも多くの命に。


だけれど、今の自分に何ができるだろうか。

私は被災地に行くことができません。
なので、実際に被災地にてレスキューを行っている
NPO法人 動物愛護団体「エンジェルズ」さんの活動に役立てて頂くために
命のリレー義援金として肉球支援費を使いたいと思います。

<--以下、NPO法人 動物愛護団体「エンジェルズ」活動日誌より転写-->
*命のリレー義援金のお願い*
東北地方太平洋沖地震の動物たちを救え!!
「エンジェルズ命のリレー隊」
被災現場の子達の救助に出発します。
どれだけの子達を保護できるか判りません。
それぞれの子達が、数時間前までは、家族に愛され楽しく安心して暮らして居た子たちです。
家族は避難所に向かい、ワン達は被災現場の家に残されています。
余震が続く中、不安でしょう。
現在、関東地域のボランティアさんと連絡を取り合いながら、第一陣レスキュー隊が現場に向けて出発します。全国各地からボランティア参加を表明されています。
被災動物の仮設犬舎建設の準備を始めています。
善意の力で、小さな命を繋げましょう。
皆様からの義援金のご協力をお願い致します。
(*仮設犬舎・飼育費・救助活動費等に使用します。)

お振込先
郵便局:口座番号:14630-16534321
口座名義:特定非営利活動法人 動物愛護団体 ANGELS
       トクヒ)ドウブツアイゴダンタイエンジェルズ

滋賀銀行:今津支店・普通口座・番号:598577
口座名義:特定非営利活動法人 動物愛護団体ANGELS
       トクヒ)ドウブツアイゴダンタイ エンジェルズ

*お振込の際は、「命のリレー義援金」と明記して下さい。
  明記出来ない場合、メールにてお知らせくだされば幸いです。

<--以上、NPO法人 動物愛護団体「エンジェルズ」活動日誌より-->


CA3F0572.jpg
<NPO法人 動物愛護団体「エンジェルズ」活動日誌より>
助けを待つ命が確実にそこに。

152_20110323003400.jpg
<NPO法人 動物愛護団体「エンジェルズ」活動日誌より>



「ねーちゃん」救済支援として行っていた募金ですが
前回ご報告したように「ねーちゃん」の様子は落ち着いており
病院に行って治療するまでに募金が集まっていないことから
悩みに悩んだ末、被災地の動物レスキューに役立てて頂くことを決めました。

「ねーちゃん」を助けたいと思いご支援くださった方々
このような決断をしてしまい大変申し訳ありません。
変わらず「ねーちゃん」はきちんとお世話していきます。

現在、義援金として一体いくら送金できるかまとめています。
送金でき次第、詳細をご報告いたします。
posted by ここゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | 肉球支援費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

「ねーちゃん」再生する表皮

2011 03 26 05.JPG

2月11日に怪我をしてから1ヵ月半以上の月日が経ちました。
その間、様子を見ながら抗生剤を与え続けています。

食欲もあり、水もしっかりと飲むし、排便排尿も順調。
ゲージで安心できる空間ができたのか落ち着いた様子です。
陽にあたりウトウトしている姿を良く見かけます。

傷の具合と言えば・・・

2011 03 26 01.JPG

ずいぶんと赤い部分が減りました。
新しい表皮が再生し、毛がはえています。

2011 03 26 01-1.jpg

赤い丸部分が新しく再生した表皮。
青い丸部分が剥がれてよってしまった古い表皮です。
そして気になるのが白い丸部分。
化膿しているように見えます。
膿がでているような?

一眼レフカメラの望遠レンズを駆使して
「ねーちゃん」を驚かせないように観察している状態です。
手を伸ばすと手をひっこめて隠れてしまいます。

化膿しているとしたら、悪化しないか心配です。

ただひとつ安心したのは
怪我をしている手でおもちゃで遊んでいた、と言うこと。
実際私は見ていないのですが、嬉しいニュースです。



皆さんのご支援によって、肉球支援募金がちょっとずつ集まっています。
「ねーちゃん」が入院できるまでの費用には足りず
現在は貯蓄していますが、必ず「ねーちゃん」のために役立てたいと思います。

クリック課金では300回以上のご協力を頂きました。
「ねーちゃん」のためにゲージを寄付してくれた方がいます。
書き損じの葉書を1000枚以上も集めてくれた方がいます。
切手募金にご協力してくれた方がいます。
「よろこんで」と募金箱にお金をいれてくれた方がいます。
このサイトから楽天にて5000円ほどのお買い物をしてくれた方がいます。
その一部が肉球支援募金の一部となります。


本当にありがとうございます。


・+・+・+・+・+・+・

コメント

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

Powered by Seesaa


asikata15.gif ショップpickup!
下記のショップからお買い物頂くと
各企業から「肉球支援隊」へと
楽天ポイントが入ります。
そのポイントにて保護猫たちの
エサや砂を購入させて頂いてます。
ご協力頂けると嬉しいです。

≪爽快ドラック≫


1980円以上送料無料
1980円以下全国一律、送料490円
★送料が激安!!
当会もよくお世話になっているショップです。
難点は商品到着がちょっと遅いこと・・・

※我が家のにゃんず愛用中!




≪charm楽天市場店≫

3150円以上送料無料
3150円以下地域により様々
★あす楽配送など商品の到着が早いです!
他のショップさんより安い商品も目立ちます。

※我が家のにゃんず愛用↓↓












≪キャットランド≫

4200円以上送料無料
4200円以下全国一律、送料600円
★現在3周年記念セール中!
日替わりセールもありますよ。

※我が家のにゃんず愛用↓↓




≪e-netshop Pet館〜ペット館〜≫

5000円以上送料無料
5000円以下全国一律、送料600円
★送料無料商品がいっぱい!
上手に組み合わせると
お得なお買い物ができますよ♪

※我が家のにゃんず愛用↓↓




≪はんこファクトリー≫




≪マザーリーフ≫

W氏、ミラクルサプリのショップです。




≪雪猫屋≫
可愛い猫雑貨いっぱいです♪
毎月2日12日22日

猫の日、雪猫屋の日

全品10%OFFクーポンプレゼント!






≪amazon≫



記事履歴
asikata15.gif please!
下記のショップをご利用頂くと
企業から「肉球支援隊」へと
広告料が支払われます。
その収入は保護している猫たちの
エサ代や砂代に使わせて頂いてます。
ご協力頂けると嬉しいです。

≪DreamPages≫
私の愛犬との思い出を本にしました。
※本ブログパーツの著作権は
当社および当社が提供するサービスの
会員である本ブログパーツの作成者
(以下「作成者」といいます)に帰属します。
利用者は当社および作成者の許諾を
得ずに、本ブログパーツの全部または
一部を複製・改変・頒布することはできません。




≪爽快ペットストア≫


≪アイリスプラザ≫


≪るるぶトラベル≫




asikata15.gif please!
下記のショップからお買い物頂くと
各企業から「肉球支援隊」へと
広告料が支払われます。
その収入は保護している猫たちの
エサ代や砂代に使わせて頂いてます。
ご協力頂けると嬉しいです。

≪マイアルバム≫

≪TSUTAYA オンラインDVDレンタルサービス≫

≪全巻読破.com  漫画全巻セット販売≫

≪FC2カウンター≫
当サイトでも使用中!

≪amazon≫

≪おしゃれはんこ専門店【フルール】≫



ファン
過去ログ
検索
 
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。