肉球支援隊のサイトにようこそnekopu-4-ik2.gif


下の広告をクリック頂くだけで
各企業から「肉球支援隊」へとワンクリック1〜2円の広告料が支払われます。
その収入は保護している猫たちのエサ代や砂代に使わせて頂いてます。
ご協力頂けると嬉しいです。

≪さくらレンタルサーバー≫

≪プチ・ホームページサービス≫


2012年08月07日

死に逝く瞳

※私の違うブログからのお引越し記事※
≪2009年9月24日掲載≫

仕事したくない、熱がでたの、だるいの・・・
とか言いながら、生活の為にきちんと稼ぎに出る。
不平不満を言いつつも、それが自分で選んだ今。

私は休日のしめくくりにニュースで衝撃的な光景を見てしまいました。
スーパーニュースでの
動物愛護センターにおける犬や猫の薬殺処分の実態を
特集したもので、アナウンサーの方が
「最後に衝撃的な映像がありますが・・・」と
前置きしてから流されていた。

とても悲惨な現実がそこにあることは知っていた。
だけど私の力で今できることが少ないことも思い知っていた。
見ても、自分が辛い気持ちになるだけ、と反射的にリモコンを手にする。

チャンネルを変えようとしたのだけど、指が動かない。
目をそむけてはいけない気がしたのだ。

臭いものには蓋、辛いものは見ないフリ。
それでいいのか・・・


そこに集められた犬たち
人気の犬種から、雑種、生まれたばかりの子犬
1匹につき手数料2000円を払い、2匹の子犬を置いていく
そんな人の姿もあった。
たった2000円、わずか過ぎる命の値段。
腫瘍がひどくなり、治療されないまま放置されたため
衰弱している犬もいた。
10年家族として可愛がっていただろう
服を着たままの犬も預けられていた。

なんて、ひどい

だけど、そういう現実を作っているのは自分と同じ人間
自分だけが偽善者として声を荒げて間違っていると騒いだところで
今の私に何ができるんだろうか。
そう思うと、情けなくて涙がでてくる。
人間でいることが恥ずかしくも思う。

センターで保護される期間は自治体によって様々で
いずれもほとんどは一定期間を過ぎると薬殺処分となる。

映像は、その様子もはっきりと映し出していた。
ガス室へと押し込まれる数十匹の犬たち
中の様子を窺うことのできる小さなガラスの窓からは犬の顔が見えている。
その顔はしっかりと私の目に焼き付き、心に重たい何かが流れ込んできた。
つぶらな瞳が不安げにガラスの外を見つめていて
小さな空間に押し込まれたことでパニックになった数匹の犬が泣き叫んでいた。
そこへ、人の手によって一酸化炭素が注入され
もがき苦しんだ末に、犬たちは目を開けたまま絶命するのだ。
地獄絵図のような光景に、身がすくむ。

なんてひどい世の中に生きているんだろうか。
どうしてこんなことになるんだろうか。

ただ、その中で救いになったのは
飼っていた犬が雷の日に逃げてセンターを訪れたところ
奇跡的にも自分の飼い犬が保護されていたと
涙ぐむ男性がいたり
熊本市の動物愛護センターでは、ここ数年薬殺処理が0件にするために
積極的に里親を探す活動をしているということ。

この特集で伝えたいことが、よくわかった。

人が生み出した悲劇は、人が変えていくべきだと
地獄絵図を公共の電波に載せることで伝えたかったんだと感じた。

命を預かる責任はとても重い。
生活を共にする幸せは計り知れず、とても尊いものだ。

ただ可愛いからと安易に飼い、大変だからと安易に捨てる。
そんな人が少しでも減って欲しいと願うばかりです。

ちょっと熱があるとか、だるいとか言ってられませんね。
私は五体満足で生きている。
自分で自分の人生を選び、歩んでいける。

ガス室の子たちは自分の行く道すら選べず
人の都合だけで死んでいくのだから。



※注:この記事は私の他ブログにて2009年9月24日に掲載した記事です。


思えばこの時、私の心の中で何かが芽生えたのかもしれません。
今でも忘れられない、ガス室の窓を見つめる犬たちの目。
恐怖に怯えながらも、最期まで人を信じようとする綺麗な瞳でした。

どうか、いつかガス室なんか使わなくていい日がきて欲しい。
彼らが最期の時を迎える瞬間、そこに見えるものは
冷たいガス室の壁ではなく、愛しい家族の顔であって欲しい。


私は愛犬の瞳に光がなくなる瞬間を見た。
私の腕にぐったりともたれた首の重さを今でも感じる。
私はどんな顔をしていたのだろうか、と考えるけれど
あまりに突然のことで、覚えていない。
大丈夫だよ、って声をかけていたと思う。
そして、ヒュ〜っと喉の奥底から絞り出すように一息ついて
愛犬の目の焦点は消えた。
父と母を弟を呼ぶ間もなかった。
そのことが悔やまれる。

どんなに手を尽くしても、最善を信じ決断しても
悔いが残らない死などない。
看取ることは想像以上に辛く、消化しきれない痛みを生む。
今でもあの時の夢を見て目覚め、愛犬を探してしまう。
辛い。

だけどやはり、私は看取るべきだと思う。
ガス室なんかで殺されることは間違っている。


posted by ここゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | 肉球支援のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

コメント

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

Powered by Seesaa


asikata15.gif ショップpickup!
下記のショップからお買い物頂くと
各企業から「肉球支援隊」へと
楽天ポイントが入ります。
そのポイントにて保護猫たちの
エサや砂を購入させて頂いてます。
ご協力頂けると嬉しいです。

≪爽快ドラック≫


1980円以上送料無料
1980円以下全国一律、送料490円
★送料が激安!!
当会もよくお世話になっているショップです。
難点は商品到着がちょっと遅いこと・・・

※我が家のにゃんず愛用中!




≪charm楽天市場店≫

3150円以上送料無料
3150円以下地域により様々
★あす楽配送など商品の到着が早いです!
他のショップさんより安い商品も目立ちます。

※我が家のにゃんず愛用↓↓












≪キャットランド≫

4200円以上送料無料
4200円以下全国一律、送料600円
★現在3周年記念セール中!
日替わりセールもありますよ。

※我が家のにゃんず愛用↓↓




≪e-netshop Pet館〜ペット館〜≫

5000円以上送料無料
5000円以下全国一律、送料600円
★送料無料商品がいっぱい!
上手に組み合わせると
お得なお買い物ができますよ♪

※我が家のにゃんず愛用↓↓




≪はんこファクトリー≫




≪マザーリーフ≫

W氏、ミラクルサプリのショップです。




≪雪猫屋≫
可愛い猫雑貨いっぱいです♪
毎月2日12日22日

猫の日、雪猫屋の日

全品10%OFFクーポンプレゼント!






≪amazon≫



記事履歴
asikata15.gif please!
下記のショップをご利用頂くと
企業から「肉球支援隊」へと
広告料が支払われます。
その収入は保護している猫たちの
エサ代や砂代に使わせて頂いてます。
ご協力頂けると嬉しいです。

≪DreamPages≫
私の愛犬との思い出を本にしました。
※本ブログパーツの著作権は
当社および当社が提供するサービスの
会員である本ブログパーツの作成者
(以下「作成者」といいます)に帰属します。
利用者は当社および作成者の許諾を
得ずに、本ブログパーツの全部または
一部を複製・改変・頒布することはできません。




≪爽快ペットストア≫


≪アイリスプラザ≫


≪るるぶトラベル≫




asikata15.gif please!
下記のショップからお買い物頂くと
各企業から「肉球支援隊」へと
広告料が支払われます。
その収入は保護している猫たちの
エサ代や砂代に使わせて頂いてます。
ご協力頂けると嬉しいです。

≪マイアルバム≫

≪TSUTAYA オンラインDVDレンタルサービス≫

≪全巻読破.com  漫画全巻セット販売≫

≪FC2カウンター≫
当サイトでも使用中!

≪amazon≫

≪おしゃれはんこ専門店【フルール】≫



ファン
過去ログ
検索
 
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。